先輩社員の声

土木部 佐々木 勇輔

仕事中の写真

現在の仕事について
河川や舗装整備、造成などの土木工事で施工管理技術者として、施工計画を立案したり、工事の現場で指揮管理を行っています。所長が作成した工程表をもとに、協力業者との打合せ・材料の手配・測量・写真管理を行い、安全で円滑な工事を進行管理することが、私に任せられている仕事です。土木の現場は、多くの会社が協力して仕事を進めていきます。様々な職種の方々と知り合うことができるのも、楽しみの一つです。現場をスムーズに進めるためには人と人との繋がりが最も大切だと考えています。コミュニケーションをとることで、いろんな人から多くを学ぶこともでき、自分自身に大きなプラスになっています。
思い出に残っている仕事
2年目に初めて任された河川の現場で、まだキャリアが浅かったこともあって現場の管理には苦労しましたが、何とか無事に工事を終えた時はとても嬉しかったです。この現場で、工程の組み立てから材料や機械の手配、作業者の方々の工事管理まで一通り経験することができ、大きく成長することができたと思います。
入社当時との違い
仕事に対して責任を持って取り組むようになりました。任されることが多くなったこともあり、自分の発言で現場が大きく左右されることもあるので、一言一言を大切に伝えています。
PAGETOP

建築部 下尾 晃貴

仕事中の写真

現在の仕事について
建築施工管理技術者は、建築工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理などを行います。
入社2年目の私は主に工事写真の撮影・材料の発注・業者間のスケジュール調整をしています。工事写真は搬入した材料や施工している状況を撮影し、工事後に見えなくなる部分が、実際に正しく施工されていることを証明する提出資料になります。また工事の進捗状況、品質も併せて確認できるので、重要な作業といえます。
今までマンションや老人ホーム、野球場などの施工に携わってきました。それぞれ工種や施工環境が変わるため学べることも多く、日々勉強と思い仕事に取り組んでいます。現場で出会える様々な職人の方と話し、作業風景を見るのはとても楽しいですね。
入社を決めた理由は
私はいつか自分で建物を立てたいという夢があり、高校は建築を学べる工業高校に進学をしました。
建築について学んでいるうちに、現場を総合的に管理できる現場監督になりたいと考え、アスミオ.に就職しました。将来は自分が建てたと胸を張れる建物を多く手掛けることが目標です。私の場合、高校のカリキュラムで取得できたのですが、学生の皆さんは「建築施工管理技士2級」を取得していると、入社してからとても役に立ちます。
入社当時との違い
学生の頃とは違い、現場では年上の方が多くいらっしゃるので、挨拶、言葉遣いには気をつけるようになりました。会社の一員、社会の一員としての意識を心がけています。
PAGETOP

工事開発部 重機課 木下 雅之

仕事中の写真

現在の仕事について
パワーショベルやブルドーザーといった大型重機からコンパクトな機械まで、それぞれの工事内容に合せて操作し、工事をスムーズに進めるオペレーター業務を行なっています。現在は建設発生残土の受け入れ・埋め立ての現場を任されています。毎日100台以上が行き交う現場を仕切り、その日の天候によって車両のルートや埋め立て場所を見極めなければいけないので大変難しい現場ですが、とても勉強になります。死角が多い乗り物を操作しますので、常に安全を心がけて仕事に取り組んでいます。
仕事のやりがい
小さい頃から「働く乗り物」が好きで、重機に乗れる仕事に就きたいと思っていました。造成や建設などの現場で重機を扱う技術者として、特別な存在になれることはやりがいを感じます。先輩が行なっている難しい技術にチャレンジし、習得できた時はとても嬉しいですね。
学生へのメッセージ
入社後に学ぶことが多く、はじめは分からないことだらけですが、何事にも興味を持って積極的に質問することが大事だと思います。アスミオ.の先輩は皆きちんと教えてくれるので安心して聞くことができます。
PAGETOP